ORDINARY DAY

写真と言葉で綴る日々のこと

2022年5月17日(火)
マーティンスコセッシが監督したボブディランのかつてのローリングサンダーレビューの映像を一部モキュメンタリーとして構築した映画を見た。かつてのディランやギンズバーグの映像が見れるだけでも感動ものだった。初期の名曲「ハリケーン」を歌うディランの目に宿る炎。灰しか残らなかったと言う現在のディラン。先日アメリカンユートピアを見た時にも近しい感覚を覚えたけれど、これは紛れもなく映画だ。昔のライブ映像を追うドキュメンタリーではなかった。映画を映画たらしめるもの。人によるだろうけど、ぼくにとってはここ最近の中でとてもよい映画体験だった。もちろんC’mon C’monも見たさ。

torch #13

By | COLUMN, torch

人を通して気付く事ってありますよね。 好きな所も退屈な所も。 近すぎる物事こそ俯瞰して見ると広い…

Read More