ORDINARY DAY

写真と言葉で綴る日々のこと

6月15日(土)
勝沼のワイナリーでふだんはぶどうを育てワインをつくるしごとをする若尾さん。ただでさえ忙しい合間をぬって、ずっと続けている音楽活動も継続している。もちろん本人が楽しいからやっていることに間違いはない。そうはいってもワイナリーの仕事量やお子さん3人のパパでもある若尾さんの時間は限られる。好きというだけではない、音楽が生活の一部にしっかり寄り添っていることを会うたびに目の当たりにするのだ。ふと、果たしてぼくにそういうものが暮らしの中にあるだろうか、と考えてみた。まだまだ中途半端だった。数年前にぼくは本屋(広い意味の)にもなると自分に誓っていたのである。

LATEST

KAMIKANE3000

By | DAYS

先日6/2に甲州市のくあはうす神金という場所で「KAMIKANE3000」が開催されました。アジ…

Read More