道草 #07 October

パンパスグラス(シロガネヨシ)

学名:Cortaderia selloana
英名:パンパスグラス

イネ科シロガネヨシ属
9月〜10月 多年草
原産地 南アメリカ、

ここ数年、大人気のパンパスグラス
秋らしく、背の高いフササフの花穂が人気の秘訣でしょうか。
5年程前から人気も伴って、毎年値段が少しづつ上がっています。今では秋のウェディングに欠かせないアイテムの一つになりました。

定番色はナチュラルカラーと薄ピンク紫ですが、
パステルカラーに着色したパンパスも出回っています。

開花時期は8〜10月。
垂直に立ち上がった茎に羽毛のような花穂をつけます。
株で増えるので、それがどんどん成長し群生する姿が圧倒されます。
雄株と雌株があり、雄株のほうが花穂が細長く、雌株はフサフサと綿毛をもちます。
ススキに似た外見で、背が高く育つ為、お化けススキという俗称もあります。路地で開花するのは8月下旬頃から9月で、フレッシュの状態で入荷します。
もちろん生のままでアレンジして使用しますが、
皮を剥いて穂先を出し乾燥させて使用する事のほうが多いかもしれません。
当店も毎年この時期に200本程購入するので、狭い店内がパンパスだらけになっています。

よく質問されるのが、いつまで状態が保ちますか?と聞かれます。
しっかり乾燥してあれば、飽きるまで何年も飾って頂いて問題ありませんが
やはり秋らしい季節感がある植物なので、
そのシーズンの秋に楽しんで頂けたら嬉しいなと思います。
乾燥されたパンパスが10月には花屋にいっぱい出回っているので
気になる方はお早めに買い求め下さいませ。
中秋の名月や十三夜さんがある10月!
ススキの代わりとして豪華になりそうです。今年の秋のインテリアは、ぜひパンパスを飾ってみてはいかがでしょうか♪

poulpesympa
プルプサンパ
山梨県甲府市緑ヶ丘1-16-4
055-287-7711
http://poulpesympa.com
PoulpeSympa

Author PoulpeSympa

日常の花からブライダルフラワー/ブーケまで、PoulpeSympaは花のある暮らしを提案しています。 WEB / Instagram

More posts by PoulpeSympa