ORDINARY DAY

写真と言葉で綴る日々のこと

2022年6月21日(火)
先日、増富に暮らしながら作家活動をするマスミツさんのところにひさしぶりに行きました。「コロナ中時間ができたから」と、家の敷地内に立派なビザ釜ができていて、DIYで建てた小さな小屋もできていました。小屋にはマスミツさんデザインの手回し焙煎機があって、この焙煎機を使う人のお店を想定して小屋のサイズも決めたらしい。いわゆるモデルルーム的な。無骨ながら美しい造形。ぼくもいつかこの焙煎機でコーヒーを淹れたいと、一目見たその時から思っていたけど、その願いはまだかなってはいません。「思ったことは実現しないと残りの時間は短いよね」、そうマスミツさんと笑いながら話した雨の午前中は、なんだかとてもいい日だった。

torch #13

By | COLUMN, torch

人を通して気付く事ってありますよね。 好きな所も退屈な所も。 近すぎる物事こそ俯瞰して見ると広い…

Read More