ORDINARY DAY

写真と言葉で綴る日々のこと

5月21日(火)
ほぼ日で「定義=生きている」というテーマで池谷裕二さんと養老孟司さんの連載がありました。わりと長い連載で話が紆余曲折しつつも、生きているとはなんだろうという壮大なテーマを緩やかにお二人が考えられていました。最終回、「人はヘンなんです。矛盾を受け入れるところから、はじまるんです。」と養老さんが話していました。自己言及をすることがあって、自分でも感じてた違和感はそうだったのか、と妙に納得。感覚は矛盾することもあるし一貫性がずっとないかもしれない。自己肯定とかではなく、自分の中にある感覚をちゃんと信じて今日もすごそうと思いました。

LATEST

KAMIKANE3000

By | DAYS

先日6/2に甲州市のくあはうす神金という場所で「KAMIKANE3000」が開催されました。アジ…

Read More