ORDINARY DAY

写真と言葉で綴る日々のこと

3月25日(月)
Into The Wildという映画が好きで毎年1回は見ています。実話をもとにしているのですが、主人公クリスの行動や言動に今まで憧れもあれば理解できないところもあれば、共感するところもあれば、見ているタイミングで毎回感じることも違ってきたり。今回は独りで暮らす皮職人のロンに感情移入してしまうとか。人生を迷う時にも誇れる時にも立ち止まって見たくなる作品なんですよね。最後、極限の中で出てくる言葉。「幸福が現実となるのはそれを誰かと分かち合った時だ」。僕はまだまだ生ぬるい。

LATEST

KAMIKANE3000

By | DAYS

先日6/2に甲州市のくあはうす神金という場所で「KAMIKANE3000」が開催されました。アジ…

Read More