ORDINARY DAY

写真と言葉で綴る日々のこと

11月14日(木)
季節はどんどん流れて、秋なんてうつろいやすい季節はあっという間に終わってしまうのですが、あっという間というのはただただぼくらが忙しくしているわけで、森で静かに過ごしていればその静かな変化を間近で粛々と見れるのでしょうね。うろこ雲だったり、紅葉だったり、立ち枯れていく植物や木々の様は年に一度しかないなら、あと数十回しか見れないのだから、しっかり見るべきなんだろうと思うわけです。自然の中にこそよいデザインもねむっている、というかもともとあるものですね。