【連載】アメリカヤの日々 vol.02

By 2017.12.27FEATURE

ちょうど築50年を数える韮崎市駅からすぐにあるアメリカヤビル。このビルが生まれ変わることになったいきさつがあります。

アメリカヤビルを借りることになり、周辺の商店街に人もを呼び込みたいと動き出したのが、韮崎市に拠点を置いて新築の家の設計・施工やリノベーションをして古い建物や場所を活用することを得意とするIROHA CRAFT。韮崎に会社があるIROHA CRAFTはずっとこのビルの存在を気にしていたそうなのですが、ひょんなことからアメリカヤビルのオーナーさんを紹介してくれる方と知り合いになれたそう。すぐに繋いでもらいオーナーと話せることになりました。

現オーナーの星野さんは、アメリカヤを作った前オーナーの息子さん。数年前にビルでの最後の営業が終了してから、その後の管理に頭を悩ませていたそう。そんな時にIROHA CRAFTとの出会いがあったのです。このビルのポテンシャルと活用方法を考え、自分たちがリスクをとって全面リノベーションすることで新たなアメリカヤを作りたいというIROHA CRAFTの想いにオーナーは全面的に賛同してくれました。そしてビルまるごとIROHAが借りきって、リノベーションするこのプロジェクトがはじまることになりました。


1階から5階まであるアメリカヤビル。これからカフェやテナントのショップ、イベントスペースなどを作り上げていきます。ご縁がご縁を呼び、だんだんとこのビルの住居人も決まってきました。どんな人がビルに入るのか、それは今から少しずつお知らせできればと思っています。
とにかく絶賛工事中のアメリカヤビル。建具が昔のままで素敵だったりするので、できるだけこのビルの生きた痕跡を残しつつ。
螺旋階段で上まであがっていくのもワクワクしますよ。

工事が終わるのは2月末を予定しているそうです。そしてオープンは次の春。韮崎に新しい風が吹く予感。風が通り過ぎて、また戻ってきてもらえるような、そんな場所になるように。

BEEK

Author BEEK

やまなしの人や暮らしを伝えるフリーマガジンBEEKです。日々の暮らしの中から、やまなしの“いま”を伝えます。

More posts by BEEK