一箱古本市とは?

一箱古本市とは「みかん箱サイズ一箱」(段ボールや木箱、トランクなど)に、ふつうの人が中心に古本を販売するフリーマーケット型の古本市です。2005年に東京の谷中・根津・千駄木で不忍ブックストリートが開催したものが最初で、その後、いろいろな地方に広まっています。

参加者は「店主」と呼ばれ、一箱の中に本と想いを詰め込んで、店名をつけてポップや飾り付けをして、出店者のみなさんが1日だけの本屋さんになれるんです。

こうふのまちの一箱古本市2018

全国各地で広がりを見せる一箱古本市。山梨でもぜひこの素敵な本を楽しむイベントを広げたい! そう思ってわたしたちは第一回目となる「こうふのまちの一箱古本市」を2014年に企画しました。そして富士吉田や北杜市の森の中でも開催してきて、今回甲府にもどってきました。甲府の街では3回目となる「こうふのまちの一箱古本市」を2018年5月6日に開催します。今回は甲府市からもその取り組みを認められ、開府500年の記念事業にも認定されました。

店主とお客さん、店主同士、皆さんと本のつながりが広がるように。わたしたちは、山梨で旅するように本のつながりを作っていきたいと思っています。

2018.5.6
(sun)
11:00—16:30

〈場所〉
銀座通り商店街  山梨県甲府市中央1丁目4−4
駐車場:近隣の有料駐車場をご利用ください

こうふ開府500年
こうふのまちの一箱古本市は、こうふ開府500年の企画提案事業です。

 

出店者募集中

あなたの好きな本を売る、1日だけの本屋の「店主」さんになっていただける方を募集します。店主さんがいないとこの古本市は成り立ちませんので、本好きの方、ご家族の本がいっぱい家にある方、この日のために本を集めて売りたいという方、などなど皆さんのご応募をお待ちしております。

自由な大きさの、両手で持てる程度の大きさの「箱」にあなたの売りたい本を詰めてお持ち下さい。ポップも自由ですし、レイアウトも凝ると売上げがあがるかもしれません。

お客さんとの会話を楽しみながら、出店者と本の談義をしながら、ゆるりと開催いたします。スペースは横1.2m、奥行き1m程度です。1スペースに2人までなら入ることができると思います。

〈参加資格〉

当日会場にて店番ができる方。販売は各自の責任で行っていただきます。1つのブースを複数名によるグループでご応募いただいてもかまいません。
※18歳未満の方は、保護者同伴で参加してください。
※転売目的での参加は許可いたしません。

〈出品ルール〉
  • 出店できるのは、1ブースにつき基本両手で持てる一箱です。箱はご自身でご用意ください。段ボール、トランク、木箱、棚など箱自体は自由です。
  • 出品いただけるものは、基本的に古本です。古本が全体の7割りを超えていれば、雑貨の販売も可能といたします。食品の出品はできません。
〈参加料金〉

500円(当日会場にてお支払いください)

〈その他注意事項〉
  • 箱のサイズは、手のひらサイズから両手で持てるサイズまで自由です。必ず「一箱」に収めてください。段ボール・木箱・トランクなど素材も問いません。看板やPOPで自由に装飾してください。
  • 本の値付けは自由です。お会計は各人で責任もってお願いします。
  • 椅子やテーブルの用意は主催者側ではありません。基本、高い位置のテーブル/椅子はご遠慮いただいております。テーブルを使用の際は、ローテーブルと座高の低い椅子でお願いいたします。また、レジャーシートの用意もございませんので各自でご用意いただけるようお願いいたします。
  • 3月だと建物内はまだ少し寒さもあるので温かい格好でお越しください。
  • 駐車場はその日限定で、近隣の小学校に駐車できます。詳しくはメールにてお知らせいたします。

出店申し込みフォーム

下記の必要事項をご入力の上、お申し込みください。

お名前 [必須]

フリガナ [必須]

年齢 [必須]

メールアドレス [必須]

電話番号(できれば携帯電話) [必須]

住所 [必須]

一箱古本市での店名 [必須]

お店のPR文
(どんな本が揃うか/お店のPR/自己紹介など。イベント前にWeb上で掲載させていただきます)