【連載】アメリカヤの日々 vol.01

By 2017.12.03FEATURE

1967年に建てられて韮崎中央商店街のシンボルとして、50年もの長い間地域に愛され続けてきたアメリカヤビル。地下290mから自噴する鉱泉の飲料水で作った水風船アイスキャンデーを懐かしく思う人もいるかもしれません。しばらく使われなくなっていた、このどう見てもポテンシャル高いビルを、このたびIROHA CRAFTさんが丸々と借り上げ、リノベーションして新しい「アメリカヤ」を立ち上げることになりました。この規模を借りきってフルリノベーションして運営していこうとする気合いにぼくも心を動かされました。

そんなこともあり、BEEKではロゴやサインなどのグラフィックデザインや場づくり、コミュニケーションデザインなどて携わらせてもらうことに。

とにかくこのビルに思い入れのある人が多いことにとても驚かされました。僕と同い年くらいの人も小さい頃親に連れられアイスキャンディーを食べた記憶があったり、近所の方もこの商店街が活気づいていたころの話をよくしてくれます。入ったことはないけど、ずっと気になっていて、いつかここで何かできたらいいなーと妄想してくれる人もいました。

記憶や人の想いが時間の経過とともに刻まれる場所というのは少なからずあるんだと思います。これから新しく生まれ変わるアメリカヤがどんな場になっていくのか。血を通わせ、肉をつけ、この場の意思が誰の人生をどう変えていくのか。
そんなことをこれから少しずつこの場で伝えていけたらと思っています。

BEEK

Author BEEK

やまなしの人や暮らしを伝えるフリーマガジンBEEKです。日々の暮らしの中から、やまなしの“いま”を伝えます。

More posts by BEEK